美容院など立ち仕事に就く場合は

初詣や成人式、大学などの卒業式シーズンになると、美容院が混んできます。
着付けなどをお願いするときは、事前予約が前提になりますが、それでも予定通りいかない場合もあるかもしれません。
また、美容師の奮闘ぶりを目の当たりにして、仕事の大変さを知るよい機会にもなります。
美容師の仕事は、立ち仕事が多いですよね。
というよりも「美容師の仕事は立ち仕事」だと考えたほうがよいでしょう。
なかには、イスに座って施術する美容師もいますが、立ち仕事のイメージが大きいのではないでしょうか。
ちなみに、美容師がイスを使う理由として、お客様と同じ視点になれる、お客様のイスの高さ調整をしなくてもよいなどのメリットがあるようです。
なお、美容師以外の仕事にも、1日中立ったままで作業するケースも少なくありません。
また、配属される部署によっては、重いものを持ち運んだり、走り回ったりすることも考えられます。
ずっと同じ場所にいて、座ったままや立ったままで仕事をするのもキツイですが、動き回るのも体力が要ります。
このような理由から、体力に自信が心配な人は、仕事探しの条件を再確認しましょう。